芸能ゴシップ

2017年のM-1優勝はとろサーモン!そのネタの内容と博多大吉が語る優勝の一因とは?

M-1とは

年末のお笑いの祭典として、お笑いファンのみならず多くの人々に楽しみにされている番組といえば、M-1グランプリです。まだ2017年のM-1グランプリが終了したばかりなので、ネット上はその話題で持ちきりです。
それだけ大勢の人が注目している、話題性のある番組なのですね。

今や12月の風物詩ともいえるM-1グランプリですが、そもそも始まったのはいつなのか、主なルールはどういったものなのか、また歴代優勝者には誰がいるのかなどお話していきます。

M-1グランプリは、島田紳助さんが「漫才に恩返しをしたい」という思いで企画し、2001年にスタートした吉本興業が主催する漫才のコンクールです。
M-1のMは、漫才(MANZAI)のMからきています。

M-1グランプリに出場できるのは結成から15年以内のコンビもしくはグループで、漫才だけでなくコントや歌、トークもOKという決まりです。
世間に漫才が広まったという理由から2010年に一度終了を迎えたのですが、M-1への出場を目指していた若手芸人が目標を失い、お笑いの道を諦めてしまう事態が続出したため2015年に復活し、現在に至っています。

気になる歴代優勝者ですが、2001年の優勝者は中川家、2002年はますだおかだ、2003年はフットボールアワー、2004年はアンタッチャブル、2005年はブラックマヨネーズ、2006年はチュートリアル、2007年はサンドイッチマンと、見事に現在も活躍されている方々ばかりですね。

M-1グランプリがいかに有名な漫才コンビを輩出し、またお笑いの登竜門としての役割を果たしているのかがよくわかります。
今後も、M-1グランプリがどのような原石を発掘してくれるのか楽しみですね。

そんな栄誉ある大会ですが、2017年のチャンピオンはこのコンビでした。

優勝コンビ、とろサーモン

とても美味しそうですね。笑
2002年に結成した、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビです。
キャッチフレーズは「おいしいとこどり定食」だそうで、やはり美味しそうですね。
メンバーは久保田和靖(くぼたかずのぶ)さんと村田秀亮(むらたひであき)さんです。

久保田さんは宮崎県宮崎市出身で、小学校時代は少年野球団に入っていました。
肩が弱いためファーストを守っていましたが当時から顔が大きく、ファーストミットよりも大きかったというエピソードを持っています。
ボケ担当で、立ち位置は向かって右です。

村田さんも宮崎県宮崎市出身です。
父親は陳健民さんの弟子で、若い頃には料理番組に出演するほどの腕前だったそうです。今は山奥で木こりをしているそうですが、村田さんはそんな父親を誰よりも尊敬しているということです。
ツッコミ担当で、立ち位置は向かって左です。

二人は高校時代の同級生で、卒業後2人でNSCを受けようと約束をします。しかしすんなりコンビを組んだわけではなく、久保田さんは今までに相手を23人変えていて、村田さんとは24人目でコンビを組みました。
紆余曲折を経て、コンビ「とろサーモン」が誕生したわけです。
しかし簡単に売れるはずもなく、長い間辛酸を舐めて暮らしていたようです。
村田さんは東京に来て仕事がなく、毎日家のフローリングで涙している時がありました。
また久保田さんも社長の靴を磨いたり、夜のお店で働いたりと大変な下積み時代でした。
とろサーモンとして2003年から『M-1』への出場を続けましたが、実力は評価されながらも毎年苦杯を舐め続けてきました。

博多大吉から見た優勝の理由

そんな彼らが今年15年目を迎え、ラストイヤーとして臨んだ最後のチャンスで悲願の優勝を果たしました。
13代目の王者となった彼らは賞金1,000万円を獲得し、お笑い芸人から祝福を受けています。

そもそもM-1出場資格はコンビ結成が15年以内であることが条件となっており、とろサーモンの2人にとって最後のM-1出演機会でした。
2003年の初出場から、毎年のように準決勝まで勝ち進んでいながら涙を呑んでいた彼らは、見事に最後のチャンスを掴みました。

出演の直前まで順番が分からないという、過酷な新ルール「笑神籤(えみくじ)」が採用された緊張の決勝戦ファーストラウンド。
見事ファイナルラウンドに進んだものの、「とろサーモン」は3組中最下位で駒を進めます。
ところが審査員の1人である博多大吉さん曰く、「つかみが一番早かった」ことから、ファイナルジャッジで逆転しました。
結果ファーストラウンド首位につけていた「和牛」を制し、15年目の栄冠を掴み取ることになりました。

世紀のお笑い大会の優勝効果は大きく、既に秒刻みのスケジュールに押されているのは大喜びの様相です。
『M-1グランプリ2017』の優勝賞金は1,000万円と高額ですが、2人は「地元、宮崎空港の目立つところに銅像を建てたい」と猛アピールしているとか。

ちなみにM-1には敗者復活という制度がありますが、この敗者復活を勝ち抜いたコンビニついてはこちらをご覧ください。

 


人気の記事

  1. 瀬戸康史が英語ペラペラな動画がすごい!妹のさおりはどんな人?…
  2. 小出恵介、相手の江原ほのりと示談成立!残された多くの謎とは?…
  3. 山口もえの元旦那の現在に驚愕!尾関茂雄の収入源とは?
  4. ソニンの現在、そして結婚は!?事務所移籍、そしてカレーライス…
  5. 細木数子の現在は認知症で余命もわずかのウワサの真相とは!
  6. 海老蔵と麻耶は再婚するか?遺言やその可能性を徹底考察!
  7. 小林麻央、死去!彼女の生涯と闘病生活で遺したものとは?
  8. 大島由香里の実家が倒産していた!?出産した病院はどこ?小塚崇…
  9. 草なぎ剛が結婚?上野なつひ、笛木優子って?相手は誰なのか!
  10. 牧野ステテコは結婚している!?女芸人ナンバーワン決定戦で披露…

芸能ゴシップ

  1. カヌーの鈴木康大が薬物混入を自白!相手の小松正治やカヌー連盟…
  2. セクゾ中島健人の彼女とのキスプリが流出!?しかも相手は年上…
  3. 武井咲とTAKAHIROが結婚!板野やドラマへの影響がヤバい…
  4. 船越英一郎の妹の平野洋子の死因が不穏すぎる、裏に松居一代の影…
  5. 宮迫博之が浮気!あいのりと浮気相手の小山ひかるって?引退させ…
  6. 亀梨和也と深田恭子の熱愛に否定の声が!結婚の予定は嘘?
  7. 後藤久美子は離婚してた?現在や子供が凄い!
  8. SHIHOの韓国での人気がすごい!旦那の秋山成勲とはまさかの…
  9. 小柳ルミ子がサッカー解説!きっかけは?ノートや知識が凄すぎる…
  10. 中村獅童が肺腺癌で手術!ステージや症状、早期発見の理由とは?…

謎の事件・事故

  1. 白石隆浩の余罪や共犯は?犯行現場は別の場所で事件の闇は想像以…
  2. 太地町はイルカを食べる?追い込み漁とその真相とは?
  3. 大師幼稚園の感染症は心筋炎?原因は?小学校にも拡大でヤバい!…
  4. 原田実里の犯人が逮捕された背景とは?執念の捜査に迫る!
  5. 加茂暁星高校の野球部、監督の押切は逮捕?彼は間違っていた?
スポンサードリンク
PAGE TOP