謎の事件・事故

北朝鮮と戦争が秒読みで2017は暗殺が影で進行しててヤバイ?その背景は?

2017は北朝鮮と戦争が秒読みで暗殺が進行中?

 

北朝鮮との戦争が秒読みだと言われていますが

金正恩の暗殺の計画が2017は着々と進行中?

いまだに抹消に至らないのには、理由が・・・

そして各国の対応は?

 

スポンサードリンク

 

北朝鮮と戦争が秒読み!2017の暗殺の事情

 

国際社会を威嚇するかのようなミサイルの発射を

立て続けに行っていた北朝鮮ですが

ここにきて、不気味な沈黙を続けていますね。

しかし

近頃では、国家の機密データをハッキングする

犯罪者が急増し暗躍しているようです。

ハッカーなどの犯罪集団を

国家をあげて養成しているそうですから、ひどいものですよね。

やはり韓国も被害に遭っており

戦争計画「作戦計画5015」という文書を盗まれたそうです。

これは北朝鮮を意識した戦争の計画であり

金正恩を暗殺する計画に関するものが含まれていたとされ

それをみた首席は激怒したといわれます。

しかも、昨年の9月に盗まれていたものが

約一年後に発覚するという韓国政府の不手際ともいうべき失態で

国国内は驚きを隠せない様子だともいいます。

韓国軍は、有事の際の任務遂行のため

特殊任務部隊を

今年12月1日にも創設する予定だといいます

当初は2019年だったものを

緊迫する情勢から前倒ししたのだそうです。

その他の国でも暗殺計画はにわかに現実味を増しているようですが

実際のところはどうなのでしょうか。

かつて独裁者や卑劣な指導者であった

フセイン、ビンラディン、カダフィが悲惨な末路をたどる中

なぜ未だに行動を起こさないのでしょうか?

アメリカがその気になれば

一捻りのような気がするのですが、なぜ渋っているのか・・・

それには、二つの理由が考えられるようです。

まずは、核を保有しているということ。

下手に刺激して、全面核戦争に突入し

批判を受けることを恐れているという説です。

空爆をすれば、簡単にターゲットを消すことが出来るでしょうが

しかし、多数の犠牲者を生み出すことになりますし

もし失敗に終わった場合

核での反逆の引き金を引くことにもなりかねず

手をこまねいている状況のようです。

もう一つは

アメリカが軍需産業で潤うため、

という説があります。

これは、根っからのビジネスマンである

トランプ大統領ならではの話のよう

韓国政府にはミサイル迎撃システムについての

多額の費用負担を持ちかけているそうなのが、

攻撃が成功するとそれもなくなってしまうという訳です。

また、支持率をあげる材料にも使えなくなるというもくろみもある、といいます。

これらの二つの理由から実行に至らないものと考えられるようです

もし行動するにしても

簡単にはいかないだろうとの予測があるのも、確かなようです。

実は、過去幾度かの作戦が失敗に終わっており

それにより金総書記は

自身の身辺の警備を厚くするなど

警戒心を強めているようなのです。

とはいえ

海軍の特殊部隊であるネイビーシールズの存在があります。

この部隊は

国際テロ組織アルカイダの壊滅作戦を遂行したことで有名です。

今年3月には、この部隊を筆頭に

レンジャー、デルタフォース、グリーンベレーなどが

韓国部隊も含めての連合訓練に参加。

過去最大規模の兵力であり

目的は金正恩や戦争指導部の暗殺、また

大量殺傷兵器などの施設を掌握するための訓練だそうです。

この至上最強部隊に期待を寄せることにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

ところで世界には恐ろしい部隊が数々存在します。

日本で平和に暮らしていると

その存在すらも知る由がありませんよね。

ロシアも当然のごとく特殊部隊をもち、総称をスぺツナズといいます。

日々の過酷な訓練はもちろんのこと

標的には四六時中監視を行うなど

私たちの知らない所でその活動をしているそうです。

また、中国の第15空挺軍もそのひとつ。

表向きは北朝鮮の肩を持つ立場の二国ですし

これらが金総書記を狙っているかは定かではありませんが

戦争へ発展にでもなるとその力を発揮することとなるのでしょうか

 

スポンサードリンク

 

北朝鮮の今後

 

戦争が秒読みと言われる北朝鮮の

金正恩の2017の暗殺について調べてみましたが

なかなか実行されない背景には何があるのか

少し分かった気がします。

以前、彼の父である正日の首には2億もの懸賞金がついていたとの話もあります。

手こずっているのか、駆け引きのためなのか・・・

政治的な思惑が渦めく中で実現の日は

まだ遠いのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

人気の記事

  1. 新垣里沙の旦那の歯並びが離婚の原因!?小谷嘉一との夫婦仲に何…
  2. 坂口良子の息子は医者?障害?逮捕された坂口杏里の兄の現在!
  3. 小出恵介、復帰できるか危ういとの噂も・・・果たして、復帰時期…
  4. サンジャポの後任は山本里菜!ある番組の降板理由がヤバすぎる!…
  5. 海老蔵と麻耶は再婚するか?遺言やその可能性を徹底考察!
  6. インリンオブジョイトイの現在の姿がこちら!旦那の藤原勇人の職…
  7. 北朝鮮と戦争が秒読み?2017の未来人の予言が当たってる?
  8. 桑田真澄の息子の次男が似てないのには理由があった!整形疑惑の…
  9. 野沢直子の娘の試合結果は!?旦那であるボブの仕事は〇〇!さら…
  10. 乙武洋匡の離婚の理由が不倫よりヤバくて絶句・・・

芸能ゴシップ

  1. 吉川愛は吉田里琴で復帰!芸能界引退のスキャンダルと理由は?
  2. 狩野英孝はグラビアアイドルの誰と二股していた?飛沫真鈴がリー…
  3. 香取慎吾に彼女と子供?結婚しジャニーズの呪縛から解かれるのか…
  4. 蓮舫の子供の国籍は?二重国籍とスパイ疑惑の真相とは?
  5. 村田充と神田沙也加のディズニーのドライヤーでの騒動や結婚の話…
  6. 長井秀和が再婚したドイツ人のヘレンって?この結婚は間違いない…
  7. トレエン斎藤が彼女と別れた理由は二股?福岡の新恋人とは既に同…
  8. 大川隆法の息子は俳優で清水富美加と急接近?
  9. 上原多香子と阿部力のlineの内容の謎!彼女はなぜ・・・
  10. 山尾志桜里の相手弁護士は誰か画像も特定!倉持の人物像とは?

謎の事件・事故

  1. ヒアリは日本のどこが生息地?刺されたら?天敵はもっとヤバい!…
  2. 伊藤博文刑事部長の経歴や自宅、家族と自殺の理由は?
  3. 加茂暁星高校の野球部、監督の押切は逮捕?彼は間違っていた?
  4. 仙台市の中学校で中2男子に何が?これで3人の犠牲者!どうすれ…
  5. 岸野里香は態度悪すぎ!?肩幅ヤバすぎの元NMBがBリーグの選…
スポンサードリンク
PAGE TOP