謎の事件・事故

ヒアリは日本のどこが生息地?刺されたら?天敵はもっとヤバい!

ヒアリとその天敵に刺されたらヤバすぎる!生息地は日本のどこ?

 

最近ニュースで騒がれているヒアリですが

日本のどこを生息地としているのでしょうか?

刺されたら最悪、命を失うという

恐ろしい生物ですが

そんな奴らにも天敵が存在します。

その名はゾンビバエ

名前からしてヤバい雰囲気がプンプン漂ってきます・・・

今回は

このヒアリについて色々と掘り下げてみました

 

スポンサードリンク

 

恐怖のヒアリ!奴らは日本のどこを生息地としている?

 

ヒアリ。

別名・アカヒアリ、火蟻

漢字だと、こんな字書くんですね。

さて、どんなアリなんでしょうか?

体の色は赤茶色(赤褐色ともいえるみたい)で、

働きアリには様々な大きさがいるそうです。

赤茶色のアリって、子供の頃はよく見かけていたような気がしますが

きっと別の種類だったのでしょうね。

それはさておき、

ヒアリには、毒があるので、そこが一番の問題です。

極めて強い毒針をお尻に持っていて、

人間を含めた様々な動物に攻撃をしかけてくるんだそう。

毒性が極めて高い上に、集団で襲ってくるときたもんだから、

たまらないです。

毎年100人近い人が死亡しているという報告がある、恐るべき殺人アリ。

だから、今回の出来事は話題になっているのですね。

奴らが日本で発見された経緯を見てみますと

5月15日、コンテナを積んだ貨物船が南沙港を出港し、20日神戸港に入港。

コンテナは神戸・ポートアイランドに陸揚げされ、25日まで保管されていた。

その後、車両で神戸から尼崎市南部まで運ばれ、

26日に尼崎市内で開けたところ、床や壁面で大量のアリの成虫や卵を発見。

密閉し、6月1~5日に駆除。

経緯はこんな感じですが、

素直な感想としては

放置されていた期間にコンテナ外に出て、日本のどこかに侵入してしまっているのでは?

と思ってしまうのですが。

環境省は

「現時点ではヒアリが定着し繁殖している可能性は低い」

としていますし

現時点では他の地域では発見されていないからいいですが

しかし、もし日本に侵入していたら・・・

もともとの生息地は、

南米中部だったが、

太平洋周辺の国々に移入分布し、

中国・台湾にも定着したそうです。

着々と生息地を広げているんですね。

そこで今回、

日本での初めての確認。

奴らは温帯か亜熱帯の乾燥地域を好むらしく

気温では22度~36度で一番活発になるらしいですから

とりあえず北海道や東北などの寒い地域では

生きていけないでしょうから

心配になってくるのは

九州などの南のほうです。

沖縄では似たような在来種がいるために

結構な数の問い合わせが殺到しているみたいですが

今のところ奴らは確認されていないそうです。

可能性は薄いとされていますが、

もし、発見した場合どうしたらよいのでしょうか。

気になりますよね。

まずは、環境省の地方環境事務所、保健所、警察に連絡する。

お勧めはしないそうなんですが、

駆除する場合は

熱湯や液剤を散布しても、巣の奥の方まで届かないので、時間はかかるが毒餌が有効。

とのことです。

でも毒餌なんて、どこで手に入るの?

ホームセンターなんかにあるのでしょうか。

素人には難しそうですね。

では、万が一刺されたら?

毒針で刺されると、

火傷のような激しい痛みが生じます。

“火蟻”という名前は、ここからの由来でしょうか。

毒性が強く、毒による痛みやかゆみ、発熱、じんましん、激しい動悸などの症状がでるそうです。

アナフィラキシーショックの

アレルギー反応により死に至ることもあるそうです・・・

ヒアリの毒への反応は人によって大きく異なり

軽度から重度まであるそうで、

20~30分程度、安静にし、体調の変化がないか注意する。

また、人によっては容体が急変することがあるので

その場合は病院ですぐに治療が必要です。

刺されたとして、安静になんてしていられるでしょうか?

私なら、何はともあれ病院にかけつけます。

そんなヒアリにも、天敵がいます。

アマゾンなどの暑い地域に生息している、

ゾンビバエと呼ばれるノミバエの一種は、ヒアリの体に寄生します。

このゾンビバエがまた恐ろしくて

その名の通りに

体内に卵を産み付けて、それが次第に頭部に侵入し

ゾンビのように操ってしまうそうです

考えただけでホラーすぎます・・・

でも、良いのか悪いのかわかりませんが

日本にはいないみたいですね

そうなってくると

侵入を防ぐことしか対策はないのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

ヒアリの今後と日本で次々と発見される外来生物

 

今回たまたま神戸港に荷揚げされただけで、全国の港でも同じことが言えますね。

実際に

他にも大阪で毒性のある外来種の

アカカミアリも港に着いた貨物コンテナから

発見され5匹捕獲したそうですが

これも元々は

神戸港で100匹駆除したぶんの生き残りだと思われますから

そう考えると

天敵がいない日本の各地に生息地を今頃拡大しているという

可能性も決して否定できません・・・

どこに大量発生するかも不明です・・・

そのうちヒアリにも効く!とかで売り出す防虫スプレーも出そうですね。

ですがあまり過敏になりすぎて

在来種の他のアリまで駆除してしまうと

余計にヒアリが繁殖しやすい環境を作ってしまうそうなので

注意が必要とのことです。

知れば知るほど、絶対入ってきて欲しくない生物ですね!!

 

スポンサードリンク

 

関連記事

ヒアリの天敵はゾンビバエとアリクイ以外に日本の蟻もだった!

スポンサードリンク

人気の記事

  1. 紅葉を関東で日帰りのドライブで見に行こう!最高のスポットは?…
  2. 安室奈美恵が引退!理由は結婚?病気?歌姫の今後を徹底考察!
  3. 北朝鮮の核実験で日本への影響は?放射能がヤバくて鬼神病が蔓延…
  4. 草なぎ剛が結婚?上野なつひ、笛木優子って?相手は誰なのか!
  5. アントニオ猪木の北朝鮮との関係は?力道山の意思を継いでいる?…
スポンサードリンク
PAGE TOP