芸能ゴシップ

本田望結の親、本田竜一の職業は医者でなく銀行員?その英才教育に驚愕!

親の本田竜一の職業は医者でなく銀行員?本田望結の驚きの家族とは?

 

2017年4月2日放送予定の

「おしゃれイズム」のゲストとして

女優&フィギュアスケート&学生の超多忙な

本田望結(ほんだみゆ)さんが出演します。

神童とも思われる彼女を育てた

親である本田竜一さんはどのような人物なのでしょうか?

その職業はネット上でウワサされている通りに医者や銀行員なのでしょうか?

そして本田家の英才教育とは?

本田望結という天才を生んだ一家について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

本田望結の親の本田竜一の職業は医者なのか?本田家の英才教育の内容とは?

 

現在12歳でこの春の2017年の4月から中学2年生になった

本田望結さんの経歴ですが

彼女は4歳の時にStyle ONEのCMでデビューし

2011年に放送され爆発的ヒットを記録したドラマ「家政婦のミタ」に

出演し一躍世間に認知されるようになりました。

その後も数々のドラマや映画、CMなどに出演し

2015年の9月に公開された映画「ポプラの秋」では

映画初主演も経験し

2017の1月に放送されたスペシャルドラマ

「探偵少女アリサの事件簿」でも見事に主演を演じています。

女優としての活動をする一方で

3歳の頃からしていたフィギュアスケートでは

大会にも幾つも出て好成績を収めています。

最近では

昨年行われた第39回京都府民総合体育大会・女子シングルジュニア幼年女子の部で

優勝しましたしフィギュアスケート界において

今後の活躍が注目されている選手だそうです。

本田家の家族構成ですが

父・竜一(りゅういち)

母・真紀(まき)

長女・真帆(まほ)

長男・太一(たいち)

次女・真凛(まりん)

三女・望結(みゆ)

四女・紗来(さら)

このような五人兄弟の七人家族であり

長女の真帆さん以外の子ども達は全員フィギュアスケートをしているそうです。

次女の真凛さんと長男の太一さんは

お二人とも日本スケート連盟の強化選手にも選ばれているほどの

実績と実力の持ち主というから驚きですね。

そんなエリート一家の大黒柱である

親の本田竜一さんと奥様の真紀さんはどのような人物なのでしょうか?

奥様の真紀さんは現在専業主婦ということがわかっていますが

父親の竜一さんの職業はいったい何なのでしょうか?

フィギュアスケートといえば

ゴルフと同じくお金がかかるスポーツなので

本格的にやる場合でしたら、道具や衣装を揃えたり、

スケートリンクのレンタル代や貸し切り代、また遠征費などで

月に20万~30万円ほどはかかるのではないかと言われています。

オリンピックで優勝した荒川静香さんの場合は

幼少期からの合計の費用としてナント2億近くかかったとも言われています。

なので竜一さんはきっと高給取りの

医者ではないか?との声やメガバンクの銀行員ではないかとウワサされています。

芸能人と違って一般の方なので詳しい経歴などは

明らかになっていませんが、会社経営者や医者ではなくて

会社員という説が有力らしいですね。

会社員でも会社や役職により給料はピンキリですが

彼は「本田家流子育てのヒント」という本も出版していますから

頭のキレる仕事が出来るタイプの人間なのでしょうね。

それと彼自身も若い頃にフィギュアスケートをやっていたそうですから

ご実家がもしかしたら裕福なのかもしれませんね。

そんなエリート一家を生んだ本田家の英才教育ですが

朝5時にみんなで起きて宿題をするのが決まりらしいですから驚きです

5時に起きるなら前の晩は早く寝ないといけないでしょうし

これを継続してできるって

朝の弱い私だったら3日でギブアップです(笑)

また、みんなで起きるってところが

親も子どもの教育のことを

第一に考えているってことがわかって好感が凄くもてますよね。

また本田家の8畳の和室には大型のトランポリンが占領しており、

子ども達の脳や身体能力の発達に一役買っているそうです。

竜一さんの子育てに関するポリシーは

子ども達と「何でも一緒にやる」がポリシーだということで

子ども達と過ごす時間を一番に考えているそうです。

普通の会社員だったら仕事に気を取られたり

経済的な不安もあったりで

なかなかそこまで子ども本位で生活することは

現実的には困難かもしれませんから本田家の子ども達は

そういった意味では幸せですし、これからも応援したくなりますよね。

それに現在では

本田望結さんが女優として大ブレイクしてくれたおかげで

本田家の貯金も増えたでしょうし

これから当分はフィギュアスケート選手として活動するのかもしれませんね

ちなみに

知名度があまりない子役のバラエティー番組の出演料の相場は

1本10万円ほどでドラマが5万円ほどと言われているらしいので

本田望結さんレベルになると

その倍の金額くらいはもらっていると仮定したら

2016年の彼女の、おおよそのギャラ年収は

500万円ほどだという声もあがっています。

このまま順調に進めば

親の本田竜一さんは今後

子ども達のマネージャーという職業に転職することになるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

本田望結の親の本田竜一の職業は今後は子ども達のマネージャー?

 

現在の職業は医者ではなく

おそらくメガバンクの銀行員といった高給取りの会社員だということが

ウワサされている本田望結さんの親である本田竜一さんですが

このままの調子で子ども達が順調に育ち

フィギュアスケートで実績を残し続けていけば

今の仕事を辞めてマネージャーをしたり

スクールを作って経営したりすることも視野にいれているのでしょうか?

過去に本田家の子育てについての本を出していることからも

経営者としてもヤリ手で資質がありそうですから

タイミングを見計らってそのような動きに今後出るかもしれませんね。

どのような道を歩むにしても

本田家がそれぞれこれからも活躍していくことを応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

本田望結の兄弟と長女が話題!真帆の障害のウワサとは?

スポンサードリンク

人気の記事

  1. 紅葉を関東で日帰りのドライブで見に行こう!最高のスポットは?…
  2. 安室奈美恵が引退!理由は結婚?病気?歌姫の今後を徹底考察!
  3. 北朝鮮の核実験で日本への影響は?放射能がヤバくて鬼神病が蔓延…
  4. 草なぎ剛が結婚?上野なつひ、笛木優子って?相手は誰なのか!
  5. アントニオ猪木の北朝鮮との関係は?力道山の意思を継いでいる?…
スポンサードリンク
PAGE TOP